HOME > 三嶋吉晴について
お客様の声
平成25年 春 黄綬褒章 拝受
三代目店主 三嶋吉晴について

三嶋吉晴は1956年(昭和31年)、「有喜屋」三代目として京都の五花街のひとつ先斗町に生まれます。当時はあたりまえのことでしたが、小学生の頃から店の出前を手伝い、先斗町の芸奴さんや女将さんたちから“おだちん”をもらったりしていたようです。

本店昭和しかし成長期が日本の経済成長と重なったこともあり、将来の関心は店の承継ではなくホワイトカラーに傾きます。そして商業高校卒業後は経理専門学校に進学し、簿記検定2級などの資格を取得します。

 

ところが“人の定め”とは不思議なものです。そうした勉強をしたことで、ビジネス感覚が芽生えていったのでしょう。京都では皆無に近い状況だった“手打そば”に家業発展のチャンスがあることに気づきます。

専門学校を卒業する1977年(昭和52年)に名店での修業を決意、東京・上野「薮そば」に入店します。師事したのは、誰もが稀代の名人と認める鵜飼良平氏でした。

 

「通常10年を要する修業だが、そば屋の跡取り息子をそれほどながく預かるわけにはいかない。人の4倍働き、3年で技の高みに達しなさい」

 

鵜飼師匠の言葉のとおり、手打ちの技を3年で修めて1980年(昭和55年)に帰京。三嶋吉晴は二代目の父から「有喜屋」を受け継ぎ、三代目店主となります。その後も手打ちの技の研鑽を続け、1986年(昭和61年)に調理技能士(労働大臣免許)を取得します。

 

1988年(昭和63年)、老朽化が進んでいた先斗町の店を3階建ての現・本店に新築し直すのは、迫られた決断とはいえ、勇気のいることでした。

本店 正面 のれん

翌1998年(平成10年)には有志と共に、京都府麺料理調理技能士会を設立すると共に、鵜飼師匠に流派名称を授かった「有喜蕎心流そば打ち塾」を開講します。こうして、少しずつではありますが、うどんが主だった京都の食文化に“そば”を根づかせることが、三嶋吉晴のライフワークになっていきます。

 

そうした尽力が評価されはじめ、2003年(平成15年)には京都府優秀技能者表彰「京都府の現代の名工」を最年少(当時46歳)で授彰、2007年(平成19年)には社団法人全国技能士連合会・麺料理部門の日本第一号「マイスター」に認定されます。

 

0127-(1)ver2

そして2011年(平成23)、そば職人としては全国で初めて、厚生労働大臣より卓越した技能者に与えられる「国の現代の名工」を受章し、その2年後の2013年(平成25年)には、まったく望外のことでしたが、天皇陛下より「黄綬褒章」を拝受するに至っております。