HOME > お客様の声
お客様の声
2017.09.19
koeuknyan ■ Tさん 2017年09月08日

お試しのざるそばを購入。おいしかったです。



■ Tさん 2017年09月02日

お試しのざるそばを購入。普通に旨かった。



■ Oさん 60代/女性 2017年8月26日

蕎麦がまとまっているので茹でやすく、出汁もたっぷり入っていて美味しかった。
小箱が京都を連想させる華のあるデザインなのが可愛らしかった。



■ Oさん 50代/女性 2017年08月18日

ざるそばを購入。京都なので、つゆは薄味かなと思っていたけれど、
甘くて濃い目の味で、そば湯も美味しく頂けました。



■ Mさん 30代/女性 2017年07月10日

この頃、夏バテで食欲がなかったが、ざるそばのつるっとしたのど越しのおかげで、
あっという間に食べきってしまった。
普段はスーパー等のお値打ちなお蕎麦しか食べていなかったので、
うきやの本格的な蕎麦の香りと味にはとても満足した。



■ Kさん 60代/女性 2017年07月02日

ざるそばを購入しました。
細い麺で美味しかったのですが、主人には一人前の量が少なく感じられたようです。
軽く何か食べたい時に、さっぱりといただけます。
もう少し安いと定期的に購入できるかな~と思います。



■ Dさん 30代/女性 2017年06月27日

友人からざるそばを頂きました。
化粧箱が華やかで、それを見ただけで嬉しい気持ちになりました。
お蕎麦はつるんとのどごしが良く、お出汁のきいたおつゆがとても美味しかったです。
1箱1人前というのも扱いやすくて良かったです。



■ Sさん 60代/男性 2017年04月20日

オヤジが「心斎橋大丸の上階にある有喜屋のそばがうまい」と
足繁く通っているみたいなので行ってみた。
これまでいろんな店でそばを食ったが、たしかにうまい。今まで食った中でいちばんうまい。
出不精なので、取り寄せが出来るのはまことにありがたい。
ここで一首 富士の高嶺に咲くそばよりも京都先斗町の有喜屋がうまし



■ Sさん 30代/女性 2017年1月2日

昔、京都でにしんそばを食べて美味しかったので、年越しそば用に頼んでもらった。
蕎麦は細麺でつるんとしており、つゆもよく出汁がきいていて、
最後の一杯まで飲み干せてしまうほどだった。
にしんも、蕎麦とつゆに合う甘辛さで、大根おろしと刻みネギと一緒に食べることで、
さっぱりしたにしんそばを味わえた。



■ Iさん 60代/女性 2016年12月11日

麺も出汁も、市販の安いものとは違って上品な味で満足しました。
深い味わいでとても美味しかったです。
出汁はおなべのつゆにも合いそうなので、また試してみたいと思います。



■ Kさん 60代/女性 2016年11月21日

にしんそばを注文しました。
簡単に調理できるのに、お店で食べている感じで美味しく頂けました。



■ Oさん 60代/女性 2016年8月10日

ざるそばとそばの実おこしを頂きました。
想像していたよりも細い麺だったので茹でる時に心配でしたが、
切れることなく上手に湯がけました。
つるんとしたのどごしで美味しかったです。
おこしはサクサクして甘すぎず、ほんのりそばの実の香りがしました。



■ Nさん 30代/女性 2016年07月16日

ざるそばを購入しました。
細麺で食べやすく、つゆも甘みがあってじっくり味わうことができました。
私の場合、おそば1人前に対してつゆ1袋は少し多かったので、
余った分は他の料理で使いました。
炒め物やドレッシングなどにまぜるとよりいっそうおいしくなりました。



■ Fさん 2016年01月2日

サライで紹介されており、お店に行く前に試食しようと
「おためしざるそばセット」を購入しました。とてもおいしかったです。
京都はおいしい蕎麦屋さんがたくさんありますが、次回は有喜屋さんを訪れたいと思います。



■ Sさん 女性 2015年10月14日

こんなに美味しいお蕎麦を食べられるのは本当に嬉しいです。
いつでも簡単に作れるので主人も喜んでいます。



■ Aさん(京都市下京区在住)

仕事の関係から有喜屋さんの「京都ホテルオークラ」を頻繁に利用させてもらっていました。
その美味しさは“京都随一”と言ってもよく、手打そばの香味や“だし”の旨味は最上級です。

それもあって、京都ホテルオークラで親族の集まりをした際、手土産に有喜屋さんの「おうちそば」を使わせてもらったのですが、後日届いた礼状の多くに「頂戴したおそばがとても美味しかったです」といった一筆がそえてあるのです。

それで「あの人たちはお店で食べる“そば”の美味しさを知らないからなぁ」と思いつつ、自宅に置いてあった「おうちそば」を休日に食べてみて驚きました。
“つゆ”の美味しさはもちろん、そばの“こし”も香りもしっかりしており、お店と同様の至福が味わえました。

今では我が家に欠かせない常備食となっており、「ざるそば」を丼にうつして“つゆ”をかけ、
おろし大根をたっぷりのせた“おろしそば”として、大いに堪能させてもらっています。




■ Nさん(京都市中京区在住)

先斗町に生まれ、舞妓から芸奴を経て今は京料理の店の女将をしています。

ですから三代目は「よしはるちゃん」と呼ぶ幼なじみであり、幼い頃から有喜屋さんの味に
慣れ親しんできました。

それを知ってか知らずか、店のお馴染さんから有喜屋さんの「おうちそば」を頂戴したとき、
「今さらなんで」と思ってしまったんです(よしはるちゃんごめんね)

それからしばらく、頂戴した「おうちそば」は店においたままだったのですが、ある日ふと思いつき、食べてみたら美味しさに箸が止まりません。

先代から受け継がれた“だし”のふくよかな旨味、三代目の職人気質を感じる“そば”の香味、
いずれも先斗町本店でいただくのと同じと思えるものでした。

私のお店の“裏メニュー”にしたら、さすがのよしはるちゃんも怒るでしょうね(笑)