HOME > 有喜屋のこだわり
有喜屋のこだわり

有喜屋の蕎麦は北海道産と京都産のそば粉です
現在すべて国内産で統一し、香りの豊かさは秀逸です
自社で蕎麦畑を持ち素晴らしい風味のそば粉を使用しています
また、出汁については、昆布・鰹・うるめ・さば・いわし・めじかの削節をたっぷり使い、
旨味成分を融合させながら煮出しています

蕎麦畑
蕎麦畑

「有喜屋」が各店で用いる蕎麦粉は、現在すべて国内産です。
主力となっているのは、国内で最も上質とされる北海道・幌加内産であり、 現地で石臼挽きしてもらう香りの豊かさは秀逸です。

また、地元・京都の契約農家に栽培していただく蕎麦粉の風味も素晴らしく、 “新そば”の時季を心待ちにされるお客様も少なくありません。

だし〜コク深い味わい
だし〜コク深い味わい

「有喜屋」は“だし”の美味しさも自慢です。
そのコク深い味わいを地方のお客様は「さすが京都」とおっしゃってくださいます。

但し“だし”のとり方は京料理と大きく異なり、昆布、かつお、うるめ、さば、いわし、めじかの削節をたっぷり使い、旨味成分を融合させながら煮出していきます。

温かいおそばには、そうしてとった“だし”を使います。冷たいおそばには、この“だし”を熟成し、濃く仕上げ直して使います。

なお「有喜屋」では“だし”についても“とりたて”が最良と考え、日々各店それぞれで調製しています。

「おうちそば」について
「おうちそば」について

京都「有喜屋」の“そば”の美味しさは、挽きたて・打ちたて・茹がきたてにあり、ご家庭で堪能して頂くことが難しいのは事実です。

しかし「家でも楽しめるようにして欲しい」や「持ち帰り(テイクアウト)のパックはないの」といったご要望はあとを絶たず、美味しさの本質を守り抜くことを絶対条件に約2年間、試行錯誤を重ねて仕上げたのがこの「おうちそば」です。

その完成度は自らが課していた以上に高く、「有喜屋」の各店で供する“手打そば”と多少のちがいがあってなお、常連のお客様も大いによろこんでくださる美味しさが守られています。

実際、ご家庭で常温保存していただけるにも関わらず、手打ちに近い“こし”や香りをもつ“そば”は、この「おうちそば」の他にないはずです。

ご家庭での調理を配慮し、茹がきの難易度を下げる工夫はもちろん、“つゆ”は調味にちがいが生じやすい粉末や濃縮ではなく、そのまま使えるストレートタイプにしています。

そうした創意工夫からご家庭用では少々高価な品となってしまいましたが、まずは“騙された”と思ってご賞味ください。
必ず納得いただけることでしょう。

「有喜屋」が誇るコク深い味わいの京風“だし”を、どうぞ心ゆくまでをお楽しみください!